極上の女に何度も中出しして・・・

俺は、随分貴重な経験をさせてもらったと思う。
出会ったのは30歳のキャリアウーマン、ゆかり。

モデル並みのスタイルの良さに整った顔立ち。
さぞ男にモテるだろうという印象を持つが、経歴が邪魔してか男は寄ってこない。
男経験もあまりないという。

『結婚は諦めてるんだけど、子供が欲しいの。
父親は見ず知らずの人でいいわ。だから、私を妊娠させて。』

これが、ゆかりの希望だった。
俺からしたら、こんな極上の女とセックス出来るだけでなく中出しまでOKとは滅多にないチャンス。
後腐れもない関係ということならこちらとしても好都合だったので、OKした。

排卵日に会う約束をする。
その日のために俺は10日以上禁欲した。

当日・・・禁欲生活のせいもあり、裸になったゆかりを見た俺のチ◯コからは既に我慢汁が溢れだしていた。
俺自身我慢の限界で、ゆかりをベッドに押し倒しマ◯コを舐め始める。

その色は30代とは思えぬほどキレイだった。
その上、もっと俺を興奮させたのは彼女の反応。

『ぁっ、ぁあんっ!!』

それまでのやりとりは淡々としたものが多かった。
だが行為に至ってゆかりは本気で感じてくれているようで、気持ち良さそうに声をあげる。
声とともにどんどん愛液が溢れ出し、すっかり挿入可能な状態になった。

「本当に、妊娠させていいんだよね?」

挿入前に再確認をする。
彼女は黙って頷いた。
ゆっくりと挿入するとゆかりはまた声をあげる。

『んんっ!っはぁ・・・。』

ゆっくりと彼女を突くが、強烈な締め付けに我慢できずにイッてしまう俺。
溜めていただけあって、大量の精液が彼女の中に出された。
チ◯コを抜くと、中に入り切らなかった精液が溢れ出てシーツを濡らす。

その後も、俺はゆかりの中に3発出した。
こぼれ出てしまわないように、寝る時は枕を腰にあてて寝た。
そして翌朝も2発・・・

「多分妊娠すると思うけど、もしダメだったらまた来月頑張るから。」

別れ際に、俺はそう伝えた。
彼女の意には反するが、もう1度ゆかりの体を楽しみたいという思いもあった。
だから内心、妊娠しなければいいのにと思っていた。

『結果だけは連絡するわね。』

そう言って帰っていった彼女から、数週間して連絡が入る。

『予定日を過ぎたけど生理は来ない。
多分、妊娠したと思うわ。』

彼女の目的は果たし、俺もいい女とのセックスを楽しむことが出来た。
だがそれでも少し残念に思ってしまう自分がいた。
もう1度、彼女を抱きたかったなーとw

またこんな出会いがあったらいいと願おう。


関連記事


人気の出会いランキング


人気記事

  1. 2019.11.14 | PCMAX体験談

    オジサマに夢中なエロい女の子の話 その2
    前回の、マリナとかずきさんの話、続きをお話します。酒…
  2. 2019.12.20 | PCMAX体験談

    メンヘラだけど可愛い女と1度きりのエッチ その2
    メンヘラ女を、なんとかその気にさせ・・というかそういう流れに…
  3. 2019.11.17 | Jメール体験談

    家出少女が我が家のメイドになった話
    今日話すのは、俺の友人アキラの友人コウタ23歳の体験談。…

おすすめ記事

  1. 2019.12.29

    ヤンキーチックな若き人妻、初めは緊張してる様子だったけど・・ その2

    緊張していろいろぎこちなかったえま。くすぐってみたら緊張も解けたようで・・いきなりすごくエッチな…