遠距離恋愛中の彼氏がいる女の子 その4

バーに入る時からぐっしょりと湿っていたさなえのパンツ(笑)
ホテルに辿り着いてワンピースを脱がせて両足を開かせて・・

『やだぁ・・っ!』

まじまじと見て確認しようとするのを、さなえは恥ずかしがって必死に両手で隠そうとする。
でも湿っているのはパンツだけではなく、既に太ももまで垂れてきていて隠せていない(笑)

「やっぱりさっき漏らしたでしょう(笑)」

そう言いながら顔を近づけて匂いをかむ・・クンクン。

『えっ、やだほんとやめてぇっっ~!』

ちょっと涙声(笑)
逆にいじめたくなるんだけど・・

「あれ?臭わないな~・・もしかして潮?太ももで潮吹いちゃった??笑」

『え・・わかんないよぉ~お願い・・やめてよぉ・・。』

「じゃあ・・脱ぐ?全部脱ぐならやめてあげるよ。」

『脱ぐっ!!脱ぐからお願いやめてっ!笑』

そう言うと、もじもじしながら下着を脱いでいくさなえ。
俺も、一緒に裸になった。

『・・恥ずかしいっ。』

そう言って下半身を隠すけれど、巨乳は隠せていない(笑)
両手を掴み持ち上げると、微かに見えていた巨乳が全て見えるようになる。

・・・でかいのは気付いてたけどそれだけじゃなかった。
Eか、Fくらいはありそうな巨乳で垂れることもなくぷるんと上を向いている。
ここまでの胸には中々出会えないと思う(笑)

恥ずかしがるさなえを押し倒し念入りにキスをすると、彼女も応えてくれる。
キスしながらもさなえの手は俺のチ○コをしごき続ける・・

このままイカせられるわけにもいかないので、俺はさなえの乳首を舌で転がししつこい程舐め回した。
やはり乳首は感じやすいようで、軽く仰け反りながらあえぐ。

甘噛すると体をブルブルと震わせるので、こっちも楽しくなって乳首ばかりをしつこく攻め続けた。
少ししてマ○コに手を伸ばすと本当に漏らしたのかなってくらいぐっちょぐちょで痙攣している。

そんな状態から何度かクリを摘んだり中に少しだけ指を入れてみたり・・もちろん乳首の甘噛みは続けたままそんなことをしていたらさなえはイッてしまった。
それから、さなえの口元に俺のチ○コを近づけてみると・・待っていたと言わんばかりにしゃぶりついてきた。
その状態のまま、俺はさなえのマ○コを刺激し続けた。
中を、クリを指で激しく刺激していると、さなえは体を痙攣させながらも一生懸命チ○コをしゃぶる。
まるでAVのような光景だった(笑)

俺もイッてしまいそうだったので、堪らえようと体勢を変える。

「あっ、だめっ・・シャワー浴びてないからぁっっ・・。
んっっ・・はうぅっ・・。」

さなえのマ○コに顔を近づけて、クンニしようとしたところで彼女の抵抗が入る。
でもそんなのお構いなしに吸い付いた。

さなえのマ○コは元々薄いのかほんのわずかに毛がある程度で、まるでパイパンのようだった。
左右に手でぱっくりと開いて真っ赤に充血したマ○コを舐め回すと、

『ひぃんっっ・・ぁあああっっ。』

まるで悲鳴のような声を上げながら、何度も体を仰け反りバタバタと動いた。
中に指を入れ、クリを吸い上げるようにするとものの数秒・・

『ぁあああっっ・・イクッ・・イッちゃうぅぅっ・・!!』

突然ビシャアッっと潮を噴かせ、それは俺の顔にまで飛び散った。
少しぐったりしたさなえの乳首をいじりつつ、チ○コの先をクリの辺りに押し付けてみる。

『ぁっ・・待ってっ・・。』

目を潤ませながら俺を見上げるさなえ・・膣の入り口にチ○コを宛てがってみる。
まだゴムもつけていなかったし、入れるつもりはなかった。
あくまで、少しじらそうとしてやったことだったのに、さなえは自ら腰を動かし入れようとしてくる(笑)

『んぁああっっ!!』

そのうち、先が中に入ってしまったので俺ももういいかと思い・・思い切り奥まで押し込んだ。
チ○コが根本まで入るとさなえはガクガクと痙攣し始めた。
これまでと違って少し長く痙攣が続いて・・ようやく落ち着いたところに声をかけた。

「入れただけでイッちゃった?笑」

『そう・・みたい。恥ずかしい・・』

その後、そのまま正常位で突き続けた・・生で、その上締め付けのいい彼女のマ○コ、堪えきれなくなって俺もイッてしまった。
出すときは、中に・・も魅力的だったけれど今回は抜いて巨乳に出した。

行為が落ち着くと、さなえは俺に抱きついて顔を俺の方に埋めて大人しくなった。
今になって、彼氏への罪悪感がわき起こったのかもしれない。
変に慰めるのも違うと思い、俺はそこから思考をずらそうとしてみる。

お姫様抱っこをしてお風呂場に連れて行くと、お風呂をためながらシャワーを浴びた。
お風呂がたまるとさなえに入らせ、俺は冷蔵庫から酒を持ってきた。
それを口移しで飲んだり、わざとこぼして体を舐めたり・・
そのうちお互いまたその気になってきてもう1ラウンド。
生で立ちバックをしながらクリを弄るとさなえはまた簡単に潮を噴いた。

お風呂から出たあともベッドへ戻ってバック、騎乗位、座位・・途中気絶してしまっていたくらいにさなえはイキまくっていた。
気がつけばもう明け方・・昼前まで仮眠を取ると、起きてホテルを出るギリギリまでまたエッチをした。

『なんか・・ヒリヒリする・・(苦笑)』

さすがにやりすぎたようで、マ○コがヒリヒリする様子のさなえ。
そんなマ○コを優しく丁寧に舐めていたら、じれったかったらしく

『そんなんじゃ嫌ぁ・・』

催促されてしまった(笑)
時間ギリギリになってホテルを出るとちょうどお昼時。

「家の近くに美味しいランチのお店があるんだけど・・」

『そうなの!?行きたいっ!』

そんな話になって二人でランチをすると、その流れで俺の家に来たいと言い出すさなえ。
特になにもないんだが・・まあそれなりの部屋には住んでいるつもりだった。

『なんか広いっ!キレイ!!
実は結婚してるんじゃないの〜!?』

結婚はしていないけど、一先ずさなえが楽しそうにしていたからいいか(笑)
そのまま少しゆっくりして、夕飯を一緒に食べ・・彼女の住むアパートに送り届けたのは夜の10時過ぎだった。

流石に部屋に入れてくれることはなく、もう会ってもらえないかもなと思っていたのだけれど翌日・・

『また遊ぼうねっ!!』

さなえから連絡が入った。
これは今後にも期待できそうだ(笑)


関連記事


人気の出会いランキング


人気記事

  1. 2020.01.22 | PCMAX体験談

    媚薬(偽)Hにハマってしまった人妻
    今回話すのは27歳のひまりと会ってきた話。1を支払うこと…
  2. 2020.04.06 | PCMAX体験談

    テクニシャンな人妻に攻められて・・声が出ちゃう!! その1
    初めは、会うつもりすらしていなかった・・38歳で人妻のゆ…
  3. 2019.11.08 | Jメール体験談

    援交目的の女子大生に中出しエッチ
    今回会ったのは女子大生、20歳のあかり。仕送りとバイ…

おすすめ記事

  1. 2019.11.14

    オジサマに夢中なエロい女の子の話 その2

    前回の、マリナとかずきさんの話、続きをお話します。酒も入り、ホテルで彼からの刺激を受けすっか…