童貞を奪ってくれたど淫乱な彼女

これは俺の知人の話なんだが・・名はアキラ、大学1年生で元童貞。
身長175cm、細身で・・まあ顔も普通、イケメンでもないがそこまで悪くもないw
そいつが友人に勧められたとかで出会い系に登録したという話をしていたので書いてみようと思う。

友人に勧められて、初めて出会い系に登録したというアキラ。
後になってわかったことらしいが、その友人も出会い系は未経験で、アキラを実験台にしかたったらしい。

出会い系に登録すると、使い方もよく分からぬままに近場に住んでいて良さげな子、数人に連絡を入れてみる。

「良かったら仲良くしませんか?俺は、年上の人が好みです。」

するとしばらくしてあやねという子から返事が来る。

『いいよ。私は21歳。アキラくんはいくつ??』

「大学1年の19歳です。あやねさんは何大学の人?」

プロフィールに学生と書いてあったそうで、そう会話をふる。

『2コ下ね!私はK大学(某国立大学)だよ。アキラくんは大学どこ?』

そんなやりとりを数回していると、あやねはLINEを交換しようと提案してくる。
よくあることだと思うが、出会い系初心者のアキラは警戒したらしい。
だがここまで来たのだからと勇気を出してIDを交換。

・・LINEでのやりとりになると、あやねは随分饒舌になった。

『アキラくん、彼女とかいないの?』

「あー、いたことないです。」

『じゃあ、エッチとかもしたことない?(笑)』

「ないです。興味はあるんですけど・・。」

『そうなんだ!じゃあ・・してみる?』

そんな返事にアキラは心底驚いたらしいが、後にわかったのはあやねは随分など淫乱だったということ。
その話の流れで1週間後に会うことにした2人だったが、童貞のアキラからすると女の子が淫乱だというだけでチ◯コが大人しさを保てなかったとか何とか・・w

そうして会う当日、某コンビニ前で待ち合わせをする。
アキラはチノパンにワイシャツにカーディガン、という清潔感に気を使った服装で挑む。
それに比べてあやね。あとで写真を見せてもらったが、随分と挑戦的な服・・というか胸だったw

大分早めに集合場所に来たのに、あやねはもうそこに来ていたという。

「あの・・」

『えっと~・・アキラくん?』

「あっはい、そうです!」

まだお昼を食べていなかったと言うので、先にカフェで軽い食事を摂る。
結構な早い時間から会っていたこともあって、その後はカラオケを5時間ほど。
趣味のある曲もあったようで、カラオケは結構盛り上がったという。

20時過ぎ・・ようやくラブホへ向った。
アキラはラブホにすら行ったことがなかったため、あやねが行ったことのある所へ連れて行かれる。

いよいよ・・ということで途端に心臓がバクバクしだすアキラ。
に対して、あやねは随分と平気そうに見えたという・・きっと慣れてるんだろうなw
そのラブホはキレイめなところで、アキラは何もかも初めてだというのとアキラのほうが年下だということで支払いはあやねがしてくれたらしい。

まず思っていたよりもキレイな室内、のわりにムダに大きい脱衣所の鏡、キョロキョロと落ち着きのないアキラを見てか、何かとあやねがリードしてくれたそうだ。

『アキラくん、こっち来て。』

あやねに声をかけられて、アキラはベッドに並んで座った。
そこから少し話をする。
そのうちあやねの方からボディタッチをしてくる。
その流れで抱き合って・・あやねのボディタッチは少しずつ際どい所へ。

がっついてはいけないと冷静を装おうとしたアキラだったが・・
童貞のチ◯コは随分と正直だった。既にガチガチで、忍耐力も強くないw

あやねにキスをしてベッドに倒すと、服の上から胸に触れる。
初めての感触に、更に興奮してしまったアキラを更に興奮させたのはあやねの言葉。

『ねぇ?こっちも触ってよ。』

パンツの上からマ◯コに触れる。
上下白の下着というのがどストライクだったらしく、それだけでもアキラの息が上がる。

『んんっ・・もっと、直接触ってよ。』

パンツを脱がせて恐る恐る割れ目に触れるとマ◯コは少しヌルっとしていて、中に指を入れ動かすとグチュグチュと卑猥な音がした。

『ぁっ・・んんっ、上手。』

『今度は私が舐めてあげる!』

少しすると、あやねがそう言ってアキラのチ◯コを咥える。

じゅっぽじゅっぽじゅっぽ・・

アキラ的には、マ◯コの中よりもフェラの方が気持ちよかったと言っていた。
個人差もあるだろうし好みもあると思うが、きっとあやねには結構なテクがあったんだろうな。

「あ・・出るっっ!!」

そう声を出すとあやねは吸う力を強め・・簡単にアキラはイッてしまった。
口に出してしまったそれを、躊躇いなくのみ込むあやね。

それを見てまた簡単に大きくなるチ◯コ。
今度はゴムをつけてあやねのマ◯コに入れようとする。
マ◯コは既にびしょ濡れ。
アキラが感じているのを見てたら濡れてしまったと言ってたらしいw

正常位で入れると、中はとても温かく気持ち良かったという。
ゆっくりと腰をふるが、気持ちよくて少しずつ速度が上がると・・

『ぁあっ、はぁ、はぁ、んっ!!イクっ・・イクっ!!!』

上手く出来た自信はなかったらしく声は演技かもしれないと言っていたが、無事イカせることが出来たとアキラは満足げだったw
あやねがイッた時のマ◯コの締め付けで、直後アキラもイッてしまう。

その後もアキラの希望でいろんな体位を試させてもらったらしい。
まずは騎乗位、目の前で盛大に揺れる胸、M字に足を開いて腰を振るあやねは気持ちいいらしく随分とエッチな声を上げていたという。

次に立ちバック、繋がった状態のまま脱衣所の大きな鏡の前まで移動すると鏡に向って突く。
視野的な興奮の上、ケツが当たるのがまたいいんだとアキラは立ちバックがお気に入りのようだった。
そのままバックでイったアキラは・・もう大分放心状態。
なんとか2人でシャワーを浴びに行くも、シャワー中にまた元気になってしまったそうで再度エッチ・・次の日は動けずに大学を休んだという話を聞いたが、アキラ的には随分といい童貞卒業だったらしい。


関連記事


人気の出会いランキング


人気記事

  1. 2019.07.29 | Jメール体験談

    興奮して自分から腰を振りまくる女
    今日は、前回紹介したマリナが出会い系に手を出し始めたばかりの…
  2. 2019.09.03 | PCMAX体験談

    インテリ美熟女と思いきや、本性はドMのド変態だった
    ある時、上場企業の女課長だという36歳のみさとと出会った。…
  3. 2019.08.25 | PCMAX体験談

    エッチで可愛いあの子にカーセックスで中出し!!
    専業主婦で25歳のみなと仲良くなった。初めからノリの軽い…

おすすめ記事

  1. 2019.10.30

    ひとめ惚れから、何でも言うことを聞くセフレに

    今まで顔出しってしてこなかったんだけど、少し前に顔出ししてた時があって・・それに飛びついてきた人がい…