援交目的の女子大生に中出しエッチ

今回会ったのは女子大生、20歳のあかり。

仕送りとバイトだけでは生活が苦しいということで、援交に手を出そうと思ったらしい。
周囲の友人もそれで稼いでいるらしく、それが後押しになったようだ。
何回かのメールのやりとりをして条件を決めるとその週末の夜、会う約束をした。

待ち合わせは近場のコンビニ。
駐車場に車を停めて連絡を入れると、コンビニの中から足が細くスタイルのいい女の子が姿を現す。
写メは予め交換していたけれど、想像していた以上に可愛らしい子だった。

『こんばんは、あかりです。』

軽くお辞儀をしてから車に乗り込んできた彼女は、車に乗ると改めて挨拶をしてきた。
少し緊張している様子も感じられた。

車の中で軽い挨拶を済ませ、談笑しながら少しドライブをした。

身なりも小奇麗で、お金にガツガツした様子も見られない。
性格がいいのだろう・・とてもにこやかに話す彼女は、朗らかで育ちの良さを感じた。
こんな子も出会い系にいるんだなぁと、少し意外に思ったくらいだ。

「・・良かったら、手繋がない?」

突然、社内で手をつなぎたいなんて言い出したおれのリクエストもあっさり受け入れられ、若干の恋人気分を味わいながらホテルのゲートをくぐった(笑)

先に話していた条件通り、ゴムを装着し休憩時間いっぱいあかりの体を楽しんだ。
すべすべでハリのある肌はどれだけ触れていても飽きなかった。

「また、会えるかな?」

別れ際にそう聞いてみるとあっさりOKが出たのでLINEを交換する。
そこからちょこちょこ連絡を取っていたら、あかりの方から誘いが・・

『良かったら、また援助してほしいのだけれど。』

「ナマでもいいならいいよ?」

断られるかもと思いつつ、冗談めかして返してみる。

『そろそろ整理になりそうだし・・大丈夫かな。
外に出してくれるならいいよ。』

まさかのOK!生挿入の許可が出たことで俺のチ◯コは連絡を取り合っている時点で準備ができそうだった(笑)
あんな若くて可愛い子に生挿入なんて・・嬉しいだろ!?

その週末、前回同様に待ち合わせをしてホテルへ向かう。
部屋に入るなりベッドに押し倒し、あかりのパンツをずらして・・もう濡れていた。
もしかしたら、期待していたのかもしれないな。
早くほしいという視線を向けられた気がして、大きくなっていたチ◯コを生で挿入した。

『ぅぁっ・・んんっ。』

チ◯コを浅く入れては戻しを繰り返しながら徐々に深い所へ押し込んでいく。
しばらくそれを繰り返した後根本まで突き入れると・・子宮口の感触が。

チ◯コの先でマ◯コの奥をぐりぐりとしげきすると、あかりからは甘い声が漏れた。
腰の動きを早めると、

『ぅぅぁぁああああっ!!おしっこ出ちゃうっっ!!』

そう叫び声を上げながら体をビクビクと震わせ、軽くイッた様子。
まだ時間に余裕もあったので、そこで一旦休憩がてらシャワーを浴びに行く。

浴室内でも、お互いの体を洗い合っているとエッチな気分になってきて・・
彼女の体を壁に押し付けて片足を上げた状態で前から挿入。
頬や首元にキスをしながら、突き上げるように腰を打ち付けた。

大きな鏡があったのでそこに両手をつかせ立ちバックもした。

「ねえ、俺の目を見て。」

鏡越しに、俺の目を見るように言うと、感じながらも恥ずかしそうな表情を見せてくれる・・これがたまらなくいいんだ。
そんなあかりの表情であやうく俺もイキそうになるが、まだ早いと我慢。
若干・・漏れ出てしまった気もしたけれどこれは内緒だ(笑)

お風呂を出ると、体のほてりを冷ましながらベッドでイチャつく。
その流れでフェラをしてもらい・・シックスナインの体勢に。
慣れていないのか、しゃぶり方がぎこちない(笑)

「そろそろ、入れてもいい?」

そう言うと、あかりは無言で頷いた。
びっしょりと濡れたマ◯コにゆっくりと挿入していく。
そこからは体位を変えながらゆっくりと楽しんだ。
その間あかりは何度もイッていたが、俺はまだ我慢。

『んんっ・・だめぇええ!!っっ、またイッちゃうぅぅぅうううう!!』

あかりが何度目かの絶頂を迎えようになった。
俺も大分疲れてきたし、合わせて一緒に出そうかと速度を速める。
喘ぎまくる彼女に少々いじわるのつもりで聞いてみる。

「どこに出してほしい?」

『ぁぁっ・・ぉ、なかっっ!!ぉ・・なかにぃいいっ!!』

おっ!?
まさかの中出しGOサイン!!???(笑)

許可も出たところで、おもいきり中に出してやった。
若い子に中出しするってのは、体だけでなく精神的にもたまらないものがある。

『ぁああ~んっ!!ドクッドクゆってるぅぅうう!!』

中出しされ、喜んでいるふうに声を上げてマ◯コをキュッと締めてくるあかり。
俺も最後の一滴まであかりの中に出してやった。

少しすると、ようやく荒い息をしていたあかりが口を開いた。

『はぁ・・はぁ・・・。
お腹に出してって言ったのにぃ!!!』

おなか・・あぁ、ぉ、なかってお腹ね(笑)
外に出してって意味だったか~。

「ごめんね。勘違いしちゃった。」

『・・気持ち良かったから今回は許すけど、今回だけだよ?』

ちょっとむすっとした表情を見せたけど、そう言って許してくれた。
でももう次は中には出させてくれないんだろうな~。

たったの1で可愛い子がここまでさせてくれたのだから、しばらくの間はお世話になろうと思っている。
・・次は切れ目を入れたゴムを用意しとこうかな(笑)


関連記事


人気の出会いランキング